健康診断と脳ドック

脳ドック

脳ドックとは

脳ドックとは脳ドックは、脳の健康診断です。主に未破裂脳動脈瘤を中心に、無症状・発症前の脳血管障害を早期発見・リスク評価することで適切な治療につなげ、発症や進行を止めることを目的に行われます。当院の脳ドックでは、くも膜下出血の原因になる脳動脈瘤、微細な脳血管障害、脳腫瘍などを、症状がまだ出ていない早期の段階で発見することが可能です。「MRI(磁気共鳴による脳の断層撮影)」「MRA(MRIによる脳血管撮影)」、頸部MRA(頸動脈撮影)、神経学検査を基本にした脳ドックに加え、VSRAD(早期アルツハイマー病診断支援システム)による脳の萎縮を分析する脳解析、心電図・血液検査・尿検査などを加えたトータルな人間ドックなどを追加したコースなどもお選びいただけるようにしています。
MRIについては「MRIについて」をご覧下さい。

自覚症状がなくても40歳を過ぎたら受診ください。

脳ドックは、知らない間に進行してある日突然、重篤な発作を起こしてしまう脳卒中などの脳血管障害を早期発見することができる、脳に特化した人間ドックです。脳疾患は無症状の段階で発見できれば、切らずに治せる可能性が高く、深刻な発作の予防にもつながります。そのため当院では、リスクが高くなる40歳を超えたら、特に症状がなくても一度は脳ドックを受けるようおすすめしています。
自覚症状がなく、健康診断の数値がそれほど悪いわけではなくても、ある日突然、脳卒中で倒れてしまうことは珍しくありません。特に、血縁者に脳血管疾患の発作を起こした方がいる場合、動脈硬化を進ませる高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病がある場合、そして慢性的な頭痛がある場合などでは早めの脳ドックが重要です。

脳ドックはこのような人におすすめします。
  • 40歳以上で、これまでにMRI検査を一度も受けたことがない
  • 糖尿病・高血圧・脂質異常症といった生活習慣病がある
  • メタボリックシンドロームを指摘された
  • くも膜下出血や脳出血・脳梗塞などの発症歴をもった血縁者がいる
  • 心筋梗塞や狭心症になったことがある

脳ドックでわかる病気

  • 脳梗塞・脳出血など脳卒中
  • 脳動脈の閉塞・狭窄
  • 脳動脈瘤
  • 脳動静脈奇形などの脳血管奇形
  • 脳腫瘍、眼窩内腫瘍
  • 頸動脈などの頸部血管の閉塞・狭窄
  • 脳外傷
  • 脳血管障害による認知症リスク予想
  • アルツハイマー型認知症などによる脳萎縮
  • 慢性硬膜下血腫
  • 水頭症

当院の脳ドックの特徴

脳ドックが30,000円(税込)

MRIMRI(脳断層撮影)、MRA(脳血管撮影)、頸部MRA(頸動脈撮影)、神経学的検査を含む脳ドックのスタンダードコースを30,000円(税込)で提供しています。他に、脳萎縮の分析やトータルな健診などのついたコースもあります。

インターネットでは24時間予約可能

インターネットでは24時間予約可能当院の脳ドックは完全予約制です。ご予約は、インターネット、お電話、窓口で可能です。インターネット予約では、携帯電話、スマートフォン、パソコンから24時間、いつでもご予約できます。キャンセルや予約確認などもインターネットのマイページから行うことができます。

脳ドックのコースと料金

コース 検査内容 料金
スタンダード脳ドック
  • MRI(脳断層撮影)
  • MRA(脳血管撮影)
  • 頚部MRA(頚動脈撮影)
  • 神経学的検査
30,000円(税込)
脳萎縮分析コース スタンダードコースに
VSRAD(早期アルツハイマー診断支援システム)による脳解析を追加します。
35,000円(税込)
フルコース脳ドック 認知症予防コースに人間ドックと同様の心電図、胸部レントゲン、採血、尿検査、身体測定も行います。 43,000円(税込)

※スクロールで全体を表示します。

※予約時間の10分前までにご来院ください。

脳ドックについてのQ&A

脳ドックと人間ドックの違いは何ですか?

人間ドックは、全身の検査を行いますが、主に生活習慣病などを調べます。医療機関によっては内視鏡検査や腫瘍マーカー検査などを組み込むなど、リスクに合わせたオプションが選べるようになっています。脳ドックは、脳と脳血管に特化した詳細な検査を行って、脳卒中などの早期発見やリスク評価に役立てます。症状のない段階で発見できれば、侵襲の少ない治療で深刻な発作を予防するなども可能です。

脳ドックは何歳くらいになったら受けるべきですか?

脳疾患のリスクが上昇しはじめる40歳になったら、1度脳ドックを受けることを当院ではおすすめしています。特に、高血圧や糖尿病などの生活習慣病がある方、メタボリックシンドロームを指摘された方、習慣的に喫煙や飲酒をされている方は早めに脳ドックを受けておくと安心です。

脳ドックの検査は保険適用で受けられますか?

症状がなく、発病していない状態で検査を行うため、保険適用にはなりません。また、人間ドックと同様に治療を前提として行う検査ではないため、医療費控除の対象にもなりません。ただし企業によっては福利厚生で、また自治体によっては補助金を出しているケースもありますので、ご確認ください。

脳ドックの内容について教えてください。

基本的に問診とご説明、MRI・MRA・頸部MRA・神経学検査を行います。オプションとして、VSRAD-MRI(早期アルツハイマー病診断支援システム)を加えた脳萎縮コース、心電図・血液検査・尿検査など一般的な人間ドック検査項目を加えたフルコース脳ドックもあります。

脳ドックの前に心がけることはありますか?

当日血液検査が含まれるコースを受ける場合には、朝食をとらずにいらしてください。なお、MRI検査は体内に金属があるとできない場合があります。義歯やコンタクトレンズも外す必要があります。

当院で行う健康診断について

当院では、町田市の成人健康診査、および個人検診(一般健康診断)、特定健診、入職時・入所時健診などさまざまな健診を行っております。

町田市 成人健康診査

当院で行えます。検査予約は必要ありません。

対象者
  • 今年度 40 歳以上 74歳以下の町田市国民健康保険の被保険者
  • 後期高齢者医療保険の被保険者
  • 今年度 40 歳以上の生活保護受給世帯の方
  • 今年度 40 歳以上の中国残留邦人等支援給付受給者
  • 町田市に住民票のある今年度 18歳以上39歳以下の方で、 学校・職場等で健診の機会のない方
費用

500円

ただし、以下の方は費用負担が免除になりますので、医療機関窓口にてお申し出ください。

  • 生活保護受給者
  • 世帯全員が市民税非課税の方
  • 中国残留法人等支援給付受給者
成人健康診査と同時に受診できる検診
対象者 費用
肝炎ウイルス検診
[血液検査]
町田市に住民票があり、職場等で健診を受ける機会がなく、 今年度 40歳以上の方で、過去に肝炎ウイルス検診を 受けたことのない方が対象です。 (希望制:検査を希望される方は健診受診時にお申し出ください) 無料
注意:今現在肝炎の疾患で、経過観察中及び治療中の方は対象外になります。

胃がんリスク検診(ABC 検診)
[血液検査]
町田市に住民票があり、職場等で健診を受ける機会がなく、 今年度 35 歳以上の方で、過去に胃がんリスク検診を 受けたことのない方が対象です。 (希望制:検査を希望される方は健診受診時にお申し出ください) 800円
前立腺がん検診
[血液検査]
町田市に住民票があり、職場等で健診を受ける機会がなく、 今年度 50 歳以上70歳以下の男性が対象です。 (希望制:検査を希望される方は健診受診時にお申し出ください) 1,000円
大腸がん検診
[免疫学的便潜血検査]
町田市に住民票があり、職場等で健診を受ける機会がなく、 今年度 40歳以上の方が対象です。 (希望制:検査を希望される方は健診受診時にお申し出ください) 800円または500円
※健康診断と大腸がん検診の問診
を同時にうけると500円

詳細は町田市のホームページをご確認ください

※スクロールで全体を表示します。

個人検診(一般健康診断)

どなたでも受けることができる健康診断になります。 入職時や入学時の健診等が対象になります。

検査内容・費用
検査内容 費用
全項目健康診断 問診、一般計測、胸部X-P、心電図、生化学、血液一般、尿検査 11,000円(税込)
簡易項目健康診断 問診、一般計測、胸部 X-P、尿検査 4,400円(税込)

※スクロールで全体を表示します。

※追加検査などにより金額が異なりますので、事前にお問い合わせ下さい。

特定健診

社会保険加入者で、40 歳以上の方 (受診券が必要です)
※委託契約で指定する条件に従ってください

費用

各受診券に記載してあります

一番上に戻る
tel.042-794-632724時間WEB予約